読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かっきーの雑記(仮)

あちらこちらで興味が湧いたものをとりあえず書き留めておく用。

【映画】まほろ駅前多田便利軒(2011/4/23@ユナイテッド・シネマ金沢)

東京郊外のまほろ市で便利屋を営む多田は、仕事中に偶然、中学時代の同級生の行天と再会。住むところのない行天は多田のもとに転がり込み、行きがかり上、ふたりの奇妙な共同生活がはじまりました。 主演が瑛太さんと松田龍平さんということだけで、観に行こ…

【映画】最後の忠臣蔵(2011/1/3@イオンシネマ金沢フォーラス)

レイトショーで鑑賞。なんとぼくと同行者以外には、他にお客さんが誰もいない…貸し切り状態でした(^^;) 評判のいい作品のはずなのに、こんなの初めてです。年齢層が高い作品で正月のレイトショーというのは人気薄なのかな? さて、以後ネタバレあります。ご…

【映画】ノルウェイの森(2011/1/3@ユナイテッド・シネマ金沢)

言わずと知れた村上春樹ベストセラー小説の映画化。この小説が発表された1987年当時、ぼくは大学生でした。チャラ系サークルに顔を出しつつ夜のアルバイトに明け暮れ、ほとんど本を読まなかったのですが、そんなバカ学生でもこの本は自分で買って読んだので…

memorandum (2010/06/02)

「っぽい」 作・絵:ピーター・レイノルズ/翻訳:なかがわちひろ っぽいなかがわちひろ 主婦の友社 2009-03-25by G-Tools 「だいじょうぶ だいじょうぶ」 作・絵:いとうひろし 大型版 だいじょうぶ だいじょうぶ (講談社の創作絵本)講談社 2006-10-26by G-…

ゴールデンスランバー

首相暗殺犯に仕立て上げられた宅配ドライバーの青年が、捜査網をかいくぐって仙台の町を逃げ回るサスペンス作品。伊坂幸太郎原作&中村義洋監督といえば、昨年のマイ・ベスト邦画「フィッシュストーリー」もこの2人のコンビの作品でした。おおいに期待を膨ら…

ゼロの焦点

生誕100年を迎えた松本清張の代表作。映像化されたのはもう何度目でしょう。新婚早々失踪した夫を探しに、新妻は夫の赴任先・金沢へ向かいます。地元石川県が舞台なだけに特に興味深く観ました。 最大の見ものは中谷美紀さんの鬼気迫る演技でしょう。あと、…

沈まぬ太陽

山崎豊子さんの長編小説を映画化。フィクションといいながら、冒頭に登場するのはあの御巣鷹山の衝撃的な航空機事故。だとすればモデルになった企業は日航以外にありえません。物語はこの事故を中心にその前後のエピソードがを描かれていきます。そのため、…

ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~

太宰治の同名短編小説を映画化。生きることに苦悩し酒と女に溺れる作家の大谷は、行きつけの飲み屋「椿屋」で酒代を踏み倒し、果てには盗みを働いてしまいます。妻の佐知は夫の借金のカタに椿屋で働くことになったのですが、たちまち店の人気者に。大谷ファ…

TAJOMARU

原作は芥川龍之介の短編小説「藪の中」、しかも盗賊「多襄丸」を演じるのは小栗旬さん。大河ドラマ「天地人」で石田三成役を好演している小栗旬さんが時代劇映画を主演すると聞き、おおいに期待して観に行ったのですが…いまひとつ好みに合いませんでした。 …

重力ピエロ

ミステリー仕立てで進みながら、因果な家族の絆を描いた良作。実はそうとう重い事件でしたけど、なかなかしみじみとしていい作品でした。ただし、展開がわりと安易だったり、つくりとしては少々雑なような。いろんなものを端折ったぶん、たぶん原作(未読)…

【妄想】もしも「居眠り磐音 江戸双紙」シリーズを「新選組!」メンバーでキャスティングしたら

明日4月18日から、NHK時代劇「陽炎の辻3~居眠り磐音 江戸双紙」の放映が始まります。主演はもちろん山本耕史さん。山本耕史さんといえば「新選組!」ですね。そこで、もしも「居眠り磐音 江戸双紙」シリーズを「新選組!」メンバーでキャスティングしたら……

クライマーズ・ハイ

1985年8月、群馬県御巣鷹山に日航機が墜落。この未曾有の航空機事故をめぐって奮闘・葛藤する地元新聞記者たちを描く骨太な物語です。当時新聞記者として実際にこの事故を取材した横山秀夫氏の同名原作は未読。佐藤浩市さんの主演で好評を博したNHKドラマ版…

西の魔女が死んだ

感受性が強すぎて登校拒否になった少女が、英国人の祖母との田舎生活を通して心の平安と成長を得ていく物語。舞台となる「西の魔女」ことおばあちゃんの家は、まさに英国のカントリーハウスといったおもむき。美しい自然と素朴な生活にすっかり魅了された孫…

チーム・バチスタの栄光

血を見るのが苦手なわたしですが、心臓の手術シーンもあれだけ次々と出されますと、段々慣れてくるものです。思いのほか心臓というものがキレイに思えたということもあります。また、竹内結子さんが演じる田口医師は原作では男性だそうですが、わたし自身は…

陰日向に咲く

劇団ひとりさんの原作は未読なのですが、よく練られたおはなしだと思いました。 陰日向に咲く劇団ひとり 幻冬舎 2006-01売り上げランキング : 79おすすめ平均 登場人物のつながりが絶妙劇団ひとりは100年にひとり、かも。文句なしの一冊Amazonで詳しく見る b…

クワイエットルームにようこそ

原作未読のため、意外な、でもすっと腑に落ちる展開にうなされました。 展開を読ませない脚本・演出もそうですが、内田有紀さんの演技がすばらしいせいでしょう。 ★★★★★

憑神

楽しめました。よかったと思います。 香川照之さん、佐々木蔵之介さんら芸達者が揃ってます。意外に(と言っては失礼ですが)佐藤隆太くんも得意(?)の子分キャラ全開でいい味を出してます。貧乏神の西田敏行さんとの絡みは最高に笑いました。死神の森迫永…

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン

わたしはラブストーリーや戦争もので涙することはほとんどないのですが、こと「家族の死」に関しては極端に弱いのです。ですから、この映画は観る前から間違いなくわたしの涙腺を直撃することがわかっていました。しかも「ボク」がオダギリジョーさんで、「…

あかね空

原作本は持っているのですが、未読です。でも、2時間でおさめるのにたぶん相当苦労したのだろうなあということは想像できます。展開があまりにも急で、相州屋夫妻のエピソードが余談に見えるくらい浮いてしまっていました。詰め込みすぎて散漫になってるんじ…

浅田次郎「シェエラザード」

ということで、ここ最近リムスキー=コルサコフ「シェエラザード」を聴き込んでいたわけだが、同時に、同名の小説も並行して読んでいたのだった。 シェエラザード〈上〉浅田 次郎 シェエラザード〈下〉浅田 次郎 登場人物の語りによって過去と現在が交互に描…

博士の愛した数式

原作も感動したが、映画もなおいっそう素晴らしい。 事故の前、博士と未亡人は許されぬ愛に堕ちていた。原作ではほのめかされたにすぎなかったが、映画では、未亡人の仕草や部屋の小道具などの描写によってこの事実が表現され、そしてついには未亡人自身の口…

浅田次郎「天切り松 闇がたり 第三巻 初湯千両」

天切り松 闇がたり3 初湯千両浅田 次郎 Amazonで詳しく見る by G-Tools 浅田次郎「天切り松 闇がたり」シリーズの第三弾。以前読んで大興奮した第1巻「闇の花道」、第2巻「残侠」に引き続き、これまた大正義賊に痺れまくる珠玉の傑作。 表題の「初湯千両」…

蝉しぐれ

原作・テレビ版とも大好きなので、この映画版も当然観に行こうとは思っていたのだが、知人の話やネットの論評によれば、あまり評判がよろしくない。そんなわけで二の足を踏んでいたのだけれども、間もなく公開が終わってしまうと思うと、やはり映画館に足を…

REAL SIMPLE JAPAN

REAL SIMPLE JAPAN (リアルシンプルジャパン) 創刊号 [雑誌]Amazonで詳しく見る by G-Tools REAL SIMPLE JAPAN オフィシャルウェブサイト(http://www.realsimple.jp/)によれば、「美しく質感のある暮らしを求める女性のための、NY生まれのライフスタイル誌…

「電車男」映画化のウワサ

「電車男」、次は映画化?出版元にオファー殺到! eiga.com>ニュース&噂 2004/10/26 新潮社の「電車男」は10月22日の発売から、3日あまりですでに5刷、12万5000部を出荷したという。また、同書の発売をアナウンスした9月上旬には映画化に関する問い合わせ…

痛快!浅田次郎「天切り松 闇がたり」

この土日、ワケあって(?)東京&千葉へ。 んで、金沢からの往復の車中で本を読む。浅田次郎「天切り松 闇がたり」。 闇の花道―天切り松 闇がたり〈第1巻〉 浅田次郎 集英社文庫 残侠―天切り松 闇がたり〈第2巻〉 浅田次郎 集英社文庫

郊外化の弊害を憂う

ファスト風土化する日本―郊外化とその病理 三浦展 洋泉社新書 とはいえ、昨今の都市生活への回帰傾向が郊外化の弊害を解消するとも思えない。すでに現代人は匿名で流動する生活に慣れてしまった。