読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かっきーの雑記(仮)

あちらこちらで興味が湧いたものをとりあえず書き留めておく用。

年忘れ!第6回昭和歌謡レコード鑑賞会(2009/12/22)

第5回鑑賞会開催から約5ヶ月。O主宰ご多忙により延び延びになっていましたが、今回12月22日、満を持して開催決定。前回と同様、友人K、T氏とともにO主宰邸に集結しました。

その前に、まずは例のごとく金沢・別院通り「いろは食堂」にて宴会。時節柄、忘年会という趣旨も含まれておりますよ。

20091222-01金沢「いろは食堂」シロの味噌煮と湯豆腐 20091222-02金沢「いろは食堂」焼きそば

20091222-03金沢「いろは食堂」漬け物サービス 20091222-04金沢「いろは食堂」クリームシチューうどん

いつものシロの味噌煮に、絶品焼きそば。遅れていたT氏も合流しました。ビールやお酒もじゃんじゃんといくのです。お店のご厚意でお漬物のサービスも。締めは前から気になっていた禁断のメニュー「クリームシチューうどん」! こんな感じで前哨戦を終え、いざO主宰邸へ出陣であります。

と、そのまえに、O主宰より今回の選曲テーマが発表されました。なんとなんと! 今回は「quackey祭り」とのこと!! 実はこの鑑賞会の開催がしばらく途絶えていた間、私は聴きたい曲をコツコツと書きとめていたのです。で、曲数が結構たまったため、O主宰にそれらのリストをメールでお送りしておいたのでした。あわよくばO主宰のレコード仕入れ活動の際に思い出してもらおうと。リストはしめて全172曲。するとO主宰は、ほんとうにこのマイリストから今日はできるだけ選曲しようというのです。しかも「熱望」と記した曲に関しては万全に揃えてくれたとのこと。いやまじで涙がちょちょぎれそうになりました。

ということで今回も盛大に行われた鑑賞会。プレイリストを以下の通り再現します。今回も友人Kの記録に基づきます。なお今回は、友人KおよびT氏がtwitterにて鑑賞会の模様を随時中継するという初の試みもおこなわれました(私は鑑賞に専念させていただきました)。

●:quackeyリクエスト曲《熱望》盤
◎:quackeyリクエスト曲《準・熱望》盤
○:quackeyリクエスト曲
★:quackey追加リクエスト曲(CD持ち込み)
□:O主宰オススメ曲/メンバーリクエスト曲

【オープニング】

□「サウスポー」 ※CD「ピンク・レディー・オリジナルカラオケ・コレクション
 (作曲・編曲:都倉俊一)
□「透明人間」 ※CD(ピンク・レディー・オリジナルカラオケ・コレクション
 (作曲・編曲:都倉俊一)


【quackey祭り! quackeyリクエスト曲《熱望》盤】

●「傷つく世代」南沙織
  (作詞:有馬三恵子/作曲・編曲:筒美京平
●「夏の感情」南沙織
  (作詞:有馬三恵子/作曲・編曲:筒美京平
●「色づく街」南沙織
  (作詞:有馬三恵子/作曲・編曲:筒美京平
●「草原の輝き」ジャッキー吉川とブルー・コメッツ
  (作詞:橋本淳/作曲:井上忠夫/編曲:筒美京平

【鈴木邦彦作曲作品】
●「北国行きで」朱里エイコ
  (作詞:山上路夫/作曲・編曲:鈴木邦彦)
□「天使の誘惑」黛ジュン ※赤盤
  (作詞:なかにし礼/作曲・編曲:鈴木邦彦)
○「恋の奴隷」奥村チヨ
  (作詞:なかにし礼/作曲:鈴木邦彦/編曲:川口真)

【エロ歌謡曲
□「夜の味」荒砂ゆき
  (作詞:梶原義雄/作曲:早川博二/編曲:???)
□「痛い痛い痛いのよ」王蘭芳
  (作詞:佐伯孝夫/作曲:鈴木庸一/編曲:竹村次郎)
□「キリスト神様仏様」大田美喜
  (作詞:青木一大/作曲:さいとう徹/編曲:高橋五郎)
□「誘惑」五代マリ
  (作詞・作曲:秋野めぐみ/編曲:竜崎孝路)
□「夏のせいかしら」夏木マリ
  (作詞:安井かずみ/作曲・編曲:馬飼野康二

【ネタ系 Part.1】
◎「あまい囁き」中村晃子・細川俊彦
  (作詞:Giancarlo-Del-Re,Leo-Chiosso/作曲:G.Ferrio/訳詞:杉 紀彦/編曲:川上英一)
□「Take HEART ~翔びたて平和の鳩よ~」鳩山由紀夫 
  (作詞・作曲:ゲンゴロウ/編曲:横山純一)
◎「新宿ダダ」山川ユキ
  (作詞・作曲:石坂まさを/編曲:京建輔)

【CM専門歌手の傑作】
□「カメラのさくらや」山川ユキ ※CD「懐かしのCMソング大全5
  (作詞:さがらよしあき/作曲・編曲:小林亜星
□「オノデンボーヤCMソング」のこいのこ ※CD「エレクトリックパーク
  (作詞:大嶋繁/作曲・編曲:石田勝範
□「お湯をかけたら」藤本房子
  (作詞:関沢新一/作曲・編曲:はやしこば)

【女性アイドル】

◎「めっきり冷たくなりました」キャッツ・アイ
  (作詞:麻生香太郎/作曲・編曲:馬飼野康二
□「背中に御用心」ピンクキャンディーズ
  (作詞:亜蘭知子/作曲・編曲:長戸大幸
□「春一番キャンディーズ
  (作詞・作曲・編曲:穂口雄右
□「春一番キャンディーズ ※マトリックス番号違い
  (作詞・作曲・編曲:穂口雄右
□「素敵なラブリーボーイ」小泉今日子
  (作詞:千家和也/作曲・穂口雄右/編曲:矢野立美
□「素敵なラブリーボーイ」林寛子
  (作詞:千家和也/作曲・編曲:穂口雄右
○「涼風」岩崎良美
  (作詞:来生えつこ/作曲:芳野藤丸/編曲:大谷和夫)
□「Vacance」岩崎良美
  (作詞:青木茗/作曲:パンタ/編曲:清水信之

【追悼・三木たかし
○「思秋期」岩崎宏美
  (作詞:阿久悠/作曲・編曲:三木たかし
□「時の流れに身をまかせテレサ・テン
  (作詞:荒木とよひさ/作曲:三木たかし/編曲:川口真)

インパクト曲】
□「帰ってこいよ」松村和子
  (作詞:平山忠夫/作曲:一代のぼる/編曲:斉藤恒夫)
◎「喝采」ちあきなおみ
  (作詞:吉田旺/作曲:中村泰士/編曲:高田弘)

フォークソング
□「プカプカ」西岡恭蔵
  (作詞・作曲・編曲:象狂象)
○「カレーライス」遠藤賢司
  (作詞・作曲・編曲:遠藤賢司

【追悼:加藤和彦
○「帰って来たヨッパライザ・フォーク・クルセダーズ
  (作詞:ザ・フォーク・パロディ・ギャング/作曲:加藤和彦/編曲:ザ・フォーク・クルセダーズ
□「ドゥー・ユー・リメンバー・ミーYUKI OKAZAKI(岡崎友紀
  (作詞:安井かずみ/作曲・編曲:加藤和彦
□「ボーイ・フレンド」高見知佳
  (作詞:安井かずみ/作曲・編曲:加藤和彦
□「野外コンサート」伊藤つかさ ※LP「さよなら、こんにちは」
  (作詞:安井かずみ/作曲:加藤和彦/編曲:清水信之

【友人Kリクエスト】
□「夢見るSeason」伊藤つかさ ※LP「さよなら、こんにちは」
  (作詞・作曲:原由子/編曲:大村憲司
 
twitterから @kinkodo さんリクエスト→木之内みどり
□「横浜いれぶん」木之内みどり
  (作詞:東海林良/作曲:大野克夫/編曲:船山基紀
□「ジュ・テーム」木之内みどり
  (作詞:松本隆/作曲:佐藤健/編曲:瀬尾一三

【ネタ系 Part.2】
□「YAKIMOKI」コスミック・インベンション
  (作詞:星川スナヲ・くら美あきら/作曲・編曲:小田啓義
□「キャンパス・レポート もっとクリスタル 愛の屈折編」すみちゃんとステゴザウルス
  (作詞・作曲:ステゴザウルス/編曲:渡辺茂樹
○「アホの坂田コメディNo.1
  (作詞:竹本哲三 作曲・編曲:キダ・タロー

【アニメソング】
□「海のトリトン」須藤リカ、南こうせつかぐや姫
  (作詞:伊勢正三/作曲:南こうせつ/編曲:小山恭弘)
○「海のトリトン(Go! Go! トリトン)」ヒデ夕樹
  (作詞:林春生/作曲・編曲:鈴木宏昌
★「マジンガーZ水木一郎 ※CD「続・テレビまんが主題歌のあゆみ
  (作詞:林春生/作曲・編曲:鈴木宏昌
★「ガンバのうた」(ガンバの冒険河原裕昌 ※CD「続・テレビまんが主題歌のあゆみ
  (作詞:東京ムービー企画部/作曲・編曲:山下毅雄

【金沢ゆかりのアイドル】

○「デジタル・ナイト・ララバイ」石坂智子 ※金沢出身
  (作詞・作曲:伊藤薫/編曲:大村雅朗
○「PIRA★星物語」若林加奈 ※金沢出身
  (作詞:夏目純/作曲:尾崎亜美/編曲:萩田光雄
□「スターストーム」井上杏美 ※金沢出身
  (作詞:冬杜花代子/作曲:小松原まさし/編曲:大村憲司
○「MAY」斉藤由貴 ※金沢が舞台の映画「恋する女たち」主題歌
  (作詞:谷山浩子/作曲:MAYUMI/編曲:武部聡志

【男性アイドル】

○「てれてZin Zin」竹本孝之
  (作詞:三浦徳子/作曲・編曲:馬飼野康二
□「NAI-NAI 16」シブがき隊
  (作詞:森雪之丞/作曲・編曲:井上大輔
□「ハイティーン・ブギ近藤真彦
  (作詞:松本隆/作曲・編曲:山下達郎

【エンディング】
○「恋の追跡(ラブ・チェイス)」欧陽菲菲
  (作詞:橋本淳/作曲・編曲:筒美京平
□「危険な予感」香坂みゆき
  (作詞:杉山政美/作曲:都倉俊一/編曲:井上鑑
□「COOL~アナタガタリナイ~」若林加奈
  (作詞:いとうせいこう/作曲:大森隆志/編曲:船山基紀

20091222-05第3回昭和歌謡レコード鑑賞会 全ジャケット 20091222-06第3回昭和歌謡レコード鑑賞会 ジャケット後半


こうしてあらためて書き出してみますとやはり圧巻、ジャケットの集合写真は壮観でございます。

特筆すべきは、まずは冒頭のオープニング曲。都倉俊一スキーな私のために、O主宰が準備してくれた「ピンク・レディー・オリジナルカラオケ・コレクション」から「サウスポー」「透明人間」であります。いままでの鑑賞会において、ピンク・レディーの楽曲はアレンジの面でも素晴らしい!と実感していたところですが、今回は歌なしヴァージョンで伴奏だけをフルに聴かせていただきました。いやいやコレはすごい。なんと豊かなアレンジか! 思わぬところでいろんな音が聴こえてきます。歌謡曲アレンジの粋を結集した楽曲群と言っても過言ではないでしょう。

そしてさっそく「quackey祭り」突入! いきなり熱望盤を続けて5曲です。南沙織さんの3曲は、他のメンバーのみなさんの反応は微妙(?)だったかもしれませんが(苦笑)、私自身はおおいに楽しみませていただきました。特に「傷つく世代」のキレの良さったらありません。南沙織さんの楽曲は意外にも当鑑賞会ではいままで取り上げられてこなかったのですが、ハリのある歌唱といい楽曲の成熟度といい、個人的にはもっと掘っていきたい歌い手さんだと思いました。なお次の「草原の輝き」ですが、これはう~む、いまひとつといったところでしょうか。最初にYouTubeで探し当てたときほどの衝撃はありませんでした。以前、当鑑賞会でクラシックのオーケストラ曲を聴いたときのような、音がダンゴになってどかんと鎮座しているような感覚。オーディオとの相性の悪さが如実に出た感がありました。ただその次の朱里エイコさん「北国行きで」はひじょうに良かったです。朱里エイコさんの歌唱力が圧倒的。

その後も興味深い楽曲が続きます。特に「恋の奴隷」からのラインナップ! この曲からはじまったセクシー路線は、「あまい囁き」に至ると細川俊之氏のおかげでネタ臭がプンプン。鳩山首相の幻のレコードから山川ユキ「新宿ダダ」と続き、CM専門歌手の傑作へと移行していきました。この一連の流れの見事なこと!ほかにもピンクキャンディーズwwとか、キャンディーズ春一番」のマトリックス番号違いの聴き比べとかマニアックなところをつつきながら、フォークソングやアニメソングも網羅しつつ、さまざまな曲を堪能いたしました。

なかでもとりわけ気に入ったのは、たとえば遠藤賢司さんの「カレーライス」。あと香坂みゆきさんの「危険な予感」。「素敵なラブリーボーイ」。キョンキョンでなく林寛子さんのほうで。もちろん岩崎宏美さんの「思秋期」も。やはり名曲中の名曲だなあとしみじみと再認識しましたよ。そして岩崎良美さん。当会では初鑑賞でしたが実によろしいです。岩崎良美さんといえば「タッチ」しかかからないという風潮がありますが、実はもっともっといい曲がたくさんあるのですよ!!(力説) なので、今後もっと彼女のいろんな曲が聴いてみたいとあらためて思った次第です。

そして、今回の鑑賞会で嬉しいハプニングといえばコレです。quackyリクエストのなかに「金沢出身アイドル」というくくりがあったのですが、そのうちの1曲として若林加奈さんの「PIRA★星物語」をかけてもらいました。私が高校生の頃にデビューした地元期待のアイドルでした。で、それをtwitterで実況したところ、twitter仲間のG氏が反応、若林加奈さんのお身内の方だったことが判明したのです!!! おおお!なんという意外な繋がり!!!!! ということで、G氏に敬意を表し、若林加奈さん発表の4曲のうちラストシングル「COOL」をもって今回の鑑賞会のラストが飾られたのでした。

20091222-07第3回昭和歌謡レコード鑑賞会 若林加奈「COOL」


ということでquackey祭りの今回も大大満足! これに気を良くして(?)引き続きリクエストを書きためていこうと決意する私なのでした!