かっきーの雑記(仮)

あちらこちらで興味が湧いたものをとりあえず書き留めておく用。

かほく市クリスマスコンサート2017(2017/12/23@西田幾多郎記念哲学館)

f:id:mac02quackey:20171223133430j:plain

毎年恒例のかほく市クリスマスコンサート。OEKの松井さん上島さん石黒さん大澤さんのカルテット(個人的に「大澤カルテット」と呼んでます)による、媚びないガチの室内楽演奏会です。しかも当日券1200円という安さ。というわけで毎年西田幾多郎記念哲学館まで足を運びます。

ステージ演奏前に円筒状のホワイエでプレコンサート。バッハが残響で昇天します。

f:id:mac02quackey:20171223135041j:plain

 

最初はベートーヴェン Op.18-6。終楽章の沈鬱なアダージョと明朗快活なロンドの対比がベートーヴェンならではという感じで凄まじい。2曲目モーツァルトはチェロが活躍。そして最後のラズモフスキー第3番。圧倒的な音圧、そしてやはり怒涛の終楽章はシビレます。アンコールにショスタコーヴィチ「黄金時代」よりおちょくったような「ポルカ」。今年も充実の演奏会でしめくくれました。

 

かほく市クリスマスコンサート2017

2017年12月23日(土・祝)14時開演

第1ヴァイオリン:松井直
第2ヴァイオリン:上島淳子
ヴィオラ:石黒靖典
チェロ:大澤明

ベートーヴェン弦楽四重奏曲 第6番 変ロ長調 Op. 18-6

モーツァルト弦楽四重奏曲 ニ長調 K.575「プロシア王」

ベートーヴェン弦楽四重奏曲 第9番 ハ長調 Op. 59-3「ラズモフスキー」第3番

(アンコール)
ショスタコーヴィチバレエ音楽「黄金時代」より「ポルカ

 

 

 

ミッシャ・マイスキー登場!  バッハ 無伴奏チェロ組曲(2017/12/5@石川県立音楽堂 コンサートホール)

f:id:mac02quackey:20171205182928j:plain

あの世界屈指のチェリスト、ミッシャ・マイスキーが金沢に登場!なんでや!どうやら招聘元はPFUさんのようです。恒例のチャリティーコンサートが30周年で、その記念にマイスキーを呼んだ模様。で、どうせ来てもらったならソロリサイタルもしようという流れとみました。

プログラムはド王道のバッハ無伴奏。思ったよりロマンティックな演奏。手持ちのCDはビルスマの古楽的な録音のものしかなく、また、なんとなく先入観として教会で聴く厳かな宗教曲というイメージを持っていたため、最初はその自在な奏きっぷりに面食らいましたが、じつは基本的には舞曲集なので、こういう躍動感に溢れた情感的な演奏こそがふさわしいのでしょう。

そして何と言っても音が美しい。こんなに躍動的なのに正確で緻密な音は聴いたことがありません。いやあ、いいものを聴かせてもらいました。

アンコールでは第2番サラバンドも。先日、親しくしていただいたバーのマスターが亡くなり、その葬儀でOEKの大澤明さんが葬送曲として弾かれた曲でした。この曲は忘れられません。

ミッシャ・マイスキー チェロ・リサイタル

2017年12月5日(火)19:00開演
石川県立音楽堂 コンサートホール

演奏:ミッシャ・マイスキー

J.S.バッハ無伴奏チェロ組曲 第1番 ト長調 BWV1007
 1. Prelude
 2. Allemande
 3. Courante
 4. Sarabande
 5. Menuet I, II
 6. Gigue

J.S.バッハ無伴奏チェロ組曲 第4番 ト長調 BWV1010
 1. Prelude
 2. Allemande
 3. Courante
 4. Sarabande
 5. Bourree I, II
 6. Gigue

J.S.バッハ無伴奏チェロ組曲 第5番 ト長調 BWV1011
 1. Prelude
 2. Allemande
 3. Courante
 4. Sarabande
 5. Gavotte I, II
 6. Gigue

(アンコール)
J.S.バッハ無伴奏チェロ組曲 第3番 ハ長調 BWV1009 より 5. Bourree I, II
J.S.バッハ無伴奏チェロ組曲 第2番 ニ短調 BWV1008 より 1. Prelude
J.S.バッハ無伴奏チェロ組曲 第3番 ハ長調 BWV1009 より 4. Sarabande
J.S.バッハ無伴奏チェロ組曲 第2番 ニ短調 BWV1008 より 6. Gigue
J.S.バッハ無伴奏チェロ組曲 第2番 ニ短調 BWV1008 より 4. Sarabande

 

f:id:mac02quackey:20171205210724j:plain

 

f:id:mac02quackey:20171205182905j:plain

【OEK定期396PH】英国の名匠アサートン初登場!イギリス音楽&ベートーヴェン(2017/11/30@石川県立音楽堂 コンサートホール)

f:id:mac02quackey:20171130182825j:plain

OEK定期公演。この日は現代音楽を得意とするロンドン・シンフォニエッタを設立した英国の巨匠指揮者、デイヴィッド・アサートンが登場。

前半は英国作曲家による近現代曲。小粋な佳曲でした。

後半はOEKの十八番ベト7。何度となく聴いていますが、アサートンさんのこちらはとても丁寧な作り。第2楽章の消え入りそうな葬送などはじいんとしました。堪能。

オーケストラ・アンサンブル金沢
第396回定期公演フィルハーモニーシリーズ

2017年11月30日(木)19:00開演
石川県立音楽堂コンサートホール

指揮:デイヴィッド・アサートン

エルガー:2つの小品「夜の歌」「朝の歌」op.15
■バートウィッスル:ヴィルレー(泉をじっと見つめている間)(2008)
■ディーリアス:劇付随音楽「ハッサン」より「間奏曲」「セレナーデ」
ブリテン:シンプル・シンフォニー  Op.4
ベートーヴェン交響曲 第7番 イ長調 Op.92

 プレコンサートの松木さやさんと大澤明さんのテレマンもよかったです。

f:id:mac02quackey:20171130182731j:plain

桂南光独演会(2017/11/22@石川県立音楽堂 邦楽ホール)

f:id:mac02quackey:20171122193830j:plain

桂南光さんの落語会。

「蔵丁稚」を聞くのは初めて。「仮名手本忠臣蔵」四段目「判官切腹の場」を南光さんはみっちり再現。結構長いその場面自体は笑い要素がない分、芸そのものが問われるところですが、さすがお見事。マクラでは「生活笑百科」の裏エピソードも!笑

ドラマ「タイガー&ドラゴン」ではじめて知った「三枚起請」。南光さんは「これ、面白くありませんねん」と言いながら始めましたが、サゲは「ゆっくり朝寝をしてみたい」ではなく、わりとわかりやすいしまい方。こういうサゲもよくあるのかしら?

 

タイガー&ドラゴン「三枚起請の回」 [DVD]

タイガー&ドラゴン「三枚起請の回」 [DVD]

 

 

というわけで、「蔵丁稚」は歌舞伎見物、「三枚起請」は茶屋遊び、そして團治郎さんの「看板の一」はサイコロ博打(チョボイチ)、まん我さんの「豊竹屋」は義太夫に口三味線と、今日かかったのは、そういえば結局ぜんぶ遊びを扱う噺でした。

神尾真由子×ロシア国立ウリャノフスク交響楽団(2017/11/21@石川県立音楽堂 コンサートホール)

神尾真由子さんが石川県立音楽堂にこの4ヶ月の間に3度めの登場。8月のメンデルスゾーン、9月のベートーヴェンに続き、この日はチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲です。

 

quackey.hatenablog.com

 

quackey.hatenablog.com

 

「2017ビエンナーレいしかわ秋の芸術祭」の一環で、ロシア国立ウリャノフスク交響楽団によるオール・チャイコフスキー・プログラム。こういう謎のオケの場合は警戒すべきというのが私自身の鉄則なのですが、神尾さんとの共演だっただけにあえて無視してしまったのがまずかった。果たしてその不安は的中。1曲めの「エフゲニー・オネーギン」ポロネーズからオケが全然鳴らない。平野加奈さんとの共演のピアノ協奏曲でも管弦楽はひたすら平板で、ここで欲しい!というところでもプへ〜と気の抜けたような音しか出てこない。平野さんかわいそうに。

後半、いよいよ神尾さんの出番でしたがオケの調子は相変わらず。神尾さん自身の音色、演奏はやはり素晴らしいのですが、残念なオケのせいで盛り上がるべきところで全然盛り上がらないのでした。全体的に「もっちゃり」してるというか…。神尾さんはアンコールにいつものパガニーニ。凄いんだけど、心なしか早く終わりたいように聴こえちゃいました。

オケのアンコールは「剣の舞」など2曲。ロシアらしい爆音。こういうのだけはドヤ顔に見える。この音をもっと早く出せよと。ん?いやいや、パーカッションがズレまくってる。やっぱり要りませんわ。

高いチケット代のくせに完全なる消化不良でした。

 

2017ビエンナーレいしかわ秋の芸術祭
ロシア国立ウリャノフスク交響楽団

2017年11月21日(火)19:00開演
石川県立音楽堂 コンサートホール

オール・チャイコフスキー・プログラム

■歌劇「エブゲニー・オネーギン」Op.20 より ポロネーズ

■ピアノ協奏曲 第1番 変ロ短調 Op.23 
 ピアノ:平野加奈

■ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 Op.35
 ヴァイオリン:神尾真由子

神尾真由子 アンコール)
パガニーニ:24のカプリース より 第24番

管弦楽 アンコール)
ハチャトゥリアン:バレエ「ガイーヌ」より「剣の舞」
チャイコフスキー:劇付随音楽「雪娘」より 第12曲「若い娘たちの輪舞(ホロヴォード)」

 

 

【映画】泥棒役者(2017/11/20@ユナイテッド・シネマ金沢)

f:id:mac02quackey:20171120162810j:plain

 

とと姉ちゃん」「小野寺の弟・小野寺の姉」の西田征史監督が、自身の舞台作品を映画化。

嘘から出た勘違いと偶然の一致というパターンのやつですが(アンジャッシュ的な)、よく練られており、主演の丸山くん、市村さんら役者さんも軽妙で面白かったです。

とある方々のカメオ出演もお見逃しなく。

 

【映画】ドリーム(2017/11/20@ユナイテッド・シネマ金沢)

f:id:mac02quackey:20171120131837j:plain

さすが良作。

米ソの宇宙船開発競争とその裏にある黒人差別、女性差別というポリティカルな内容ながら主役の3人が実に軽やかで力強い。個人的にも、先日コスモアイル羽咋でマーキュリーの宇宙船を観たばかりなので、特にテンション上がりました笑

そういえばこの作品は邦題への批判・変更といったちょっとした騒動がありましたが、やはり原題の「Hidden Figures」のほうが、隠れた人物/数字というダブルミーニングの的確なタイトルだったろうなと思いました。

www.buzzfeed.com