読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かっきーの雑記(仮)

あちらこちらで興味が湧いたものをとりあえず書き留めておく用。

秋元あきこライヴ with 金港堂 @ぷかぷか(2010/04/17)

前日昭和歌謡レコード鑑賞会にお招きした秋元あきこさん。今日は片町のフォーク酒場「ぷかぷか」に乗り込んで得意の歌を披露する予定です。敏腕プロデューサーKがギター伴奏者に指名したのは、ぷかぷかの裏(というかぷかぷかが裏)にある老舗紳士洋品店「金港堂」店主。ツイッターを通じて知り合った金港堂店主は、オフ会などでお話しするところによれば、ぷかぷかの常連であり、そうとうギター演奏が上手そう。というわけでKの半ばムチャぶりにより、秋元あきこwith金港堂という即席ユニットが誕生しました。

とはいえ、二人が対面したのはライヴ開始1時間前。居酒屋での打ち合わせにて。しかも金港堂店主は、おなじく初対面のO主宰と10秒で意気投合し、談笑につぐ談笑。打ち合わせもそこそこに本番へ。

ぷかぷかに着くと、ツイッターで告知したおかげでツイ友が次々と結集。ちょっとしたオフ会のムードに。ぷかぷかは、ステージが空いたら自主的にあがって演奏し、2曲ごとにほかのお客さんに交代するシステム。ということで、ステージが空いている隙に始めることにいたしましょう!

秋元あきこライヴは八神純子で幕開け。
■「みずいろの雨」八神純子
■「パープルタウン」八神純子

さらに2曲。
■「あなた」小坂明子
■「悲しみがとまらない」杏里


続いては、われらの秘密兵器O主宰を投入。「ありまつでありまつ」でおなじみ、石川県民なら誰でも知っているCMソング「ドコモショップ有松音頭」は、実はO主宰が作詞作曲し、しかも本人が歌っているのです。この曲をO主宰ご自身にこの場で歌っていただきましょう!


これはすごい盛り上がり!しかもアンコールまで!金港堂店主によると、ぷかぷかでアンコールというのは初めてなんじゃないかと。秋元さんも、この曲の知名度にあらためて驚かれていました。

引き続き金港堂店主のソロで。
■「いちご白書をもう一度」バンバン

ツイッター金沢&落語クラスタで大学の後輩たまきちゃんが飛び入りで歌いたいということで
■「あの日に帰りたい」荒井由実

そして最後はふたたび秋元さん!
■「みずいろの雨」八神純子


さすがの貫禄!のびやかな歌唱で会場を盛り上げてくれました!
金港堂店主も伴奏、コーラス、MCと獅子奮迅のご活躍、お疲れ様でした!

と、ここで解散…のはずが、店を出ようとしたらお客さんからO主宰へ再度のアンコール要請(!!) O主宰はまたもやステージに呼び戻され、ドコモショップ有松音頭を店内一体となって熱唱したのでした。

打ち上げはぷかぷかからごく近い片町の歌謡パブ「宴園」。芸達者が揃ったメンバーでのカラオケは腹がよじれるほど楽しい。


という感じで、楽しい楽しい昭和歌謡2daysでした♪