読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かっきーの雑記(仮)

あちらこちらで興味が湧いたものをとりあえず書き留めておく用。

古畑任三郎FINAL第1夜「今、蘇る死」

はあ~すっかり騙された。。
言われてみれば、犯行直前に天馬先生(石坂浩二)が話を引き延ばしたのは一瞬不自然に思ったのだけれど、これ幸いと安堵している音弥(藤原竜也)の何とも言えない表情に引き込まれ、また、石坂浩二の話ぶりがキャラクター設定的に実にナチュラルであったがゆえか、その不自然さはあっさり拭い去られ、疑念は長く続かなかった。ここらへんは藤原竜也石坂浩二の演技力、そしてカメラワークを含めた演出の勝利かな。

いや、無論、単に私の注意力が足らなかっただけかもしれない。だが、そもそもこのドラマが犯人を最初に明かしておく手法であって、実際その原則通りに音弥が単独で犯行に及んだシーンを私たちは事前に観ている以上、今までと同じく彼が(単独の)犯人であることを私たちは当然の前提として受け止めている。しかも、藤原竜也が嬉々として巧妙な犯罪を実行する様子が、無邪気なだけに余計妖しく不気味に映り、音弥はものすごい天才的犯罪者であるかのごとき印象を私たちに与え、「究極の完全犯罪」という放映前の触れ込みと相まって、古畑がこの音弥という難敵をどう追い詰めるか、という一点に視聴者の興味を集中させるには充分であった。

また、石坂浩二というビッグネームはこのドラマでは通常なら当然犯人役であるはずであり、その意味で怪んでしかるべきともいえる。しかし「すべて閣下の仕業」では、やはり大御所である津川雅彦が犯人ではない役で出ていたという実績がある。そのため、今回の石坂浩二も単に謎解きのプロセスに関わる人物であって、犯人以外に大物を起用できるSPならではの贅沢なキャスティングなのだろうと思い込んでしまったということもある。

やがて物語は進み、私の予想とは裏腹に音弥は案外早々に追い詰められる。そして音弥の不可解な死。古畑は容疑者の死という「閣下」同様の結末を嘆く。このあたりは、たしかにFINALらしい切なさが感じられる。だが、まだ放映時間は充分残っているのである。この時点に至ってようやく私は黒幕の存在に気づいたのであった。不覚と言えば、不覚だ。

古畑は、天馬が音弥を巧みに操った筋書きを見事に解き明かした。しかし、天馬は何も手を下してはいない。ノートの文字を書き換えることが殺人の実行行為にあたるというには無理がある。間接正犯や殺人教唆ですら成立はかなり厳しいといわざるをえない。これぞ「究極の完全犯罪」。石坂浩二を起用した意味はまさにここに存在したのであった。ところが古畑は天馬の過去の罪状を暴き出す。大逆転である。

「これほど完璧な犯罪を私は知らない・・・・。それでも犯人は・・・つ・か・ま・る」

何とも憎い台詞ではないか。藤原竜也石坂浩二の演技といい、「究極の完全犯罪」の仕組みといい、しかし古畑が最後には勝利するという結末といい、まさにFINALにふさわしい秀逸な一作であった。