読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かっきーの雑記(仮)

あちらこちらで興味が湧いたものをとりあえず書き留めておく用。

ハゲタカ

日本の大手自動車メーカーにTOB(株式公開買付け)を仕掛けた中国系ファンドと、かつて「ハゲタカ」の異名をとった伝説のファンドマネージャー鷲津政彦との企業買収攻防戦。NHKで放映された人気連続テレビドラマの続編です。

映画の時間的制約ゆえ描写不足なシーンが多々見られたことが惜しまれます。日本社会に絶望していた鷲津がホワイトナイトを引き受けるまでの葛藤とか、ドラマ編で鷲津と敵対していた西野が協力するに至った経緯などは、できれば再び連続ドラマとして続編を観たかったという気もします。それでも、本筋である中国系ファンドとの攻防戦は、ドラマ編と同様に見ごたえ充分。骨太で本格的な展開はスリリングで、それでいて金融という題材の難しさは微塵も感じさせません。

そして特筆すべきは、ドラマ編でも圧巻だった人間描写です。「金のない悲劇」と「金のある悲劇」が渦巻く世界に身を置いた者の苦悩。本作では、敵対する中国系ファンドの代表・劉一華の描写が秀逸です。この役を演じた玉山鉄二さんの存在感がまたすごい。「金を粗末にするな…!」と鬼気迫る形相で訴える姿などは特に印象的です。NHK大河ドラマ天地人」での上杉景虎を演じたときもそうでしたが、彼の圧倒的な美しさは、あふれ出る才能とともに、はかなげな悲劇性を際立たせるのです。当世の「イケメン」などという軽薄な表現では済まされない美しさがそこにはありました。本年の最優秀助演男優賞候補に推したいと思います。

(2009/07/10@ユナイテッド・シネマ金沢)

★★★★