読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かっきーの雑記(仮)

あちらこちらで興味が湧いたものをとりあえず書き留めておく用。

【Jazz会#16】死刑台のエレベータが封切られた50年代をもう一度(2011/05/24@JZさん邸)

この日のJAZZ会はちょっと代わった趣向。1958年のフランス映画「死刑台のエレベーター」にマイルス・デイヴィスの即興演奏が使われているそうなので、まずはその映画を観ようというプラン。そして引き続き、マイルスを中心に1950年代のジャズを巡ってみようとのこと。


B002HLQM98死刑台のエレベーター【HDニューマスター版】 [DVD]
紀伊國屋書店 2009-09-26

by G-Tools


本日は、Camillaさんが都合がつかず来ることができませんでしたが遅れての参加になりましたが、JZ主宰がおばんざいをこしらえ、プロデューサーKは餃子とスパークリングワイン、iiizmiiiさんはホームメイドのパン、ジョーさんはオイシイデリのお惣菜と赤ワイン、ぼくは(いつものように)コロッケとビールを持ちよって、いつものメンバーが集結。さらに、前回に引き続きカトちゃんの元同僚K氏がジントニック材料一式を抱えていらっしゃいました。

IMG_2078


という感じで、お酒と食事をいただきながら、映画と音楽を楽しみました。「死刑台のエレベーター」…サスペンス映画ですけど、つい見入っちゃいましたね。登場人物がじりじりと不安を募らせるところなど、ミュートを効かせたマイルスのトランペットが効果的でした。

IMG_2076



本日のプレイリストは以下のとおりです。

■JZさんブログ
http://blog.goo.ne.jp/ken_jazz/e/558e607d457e21ec3a14e90a5425aaba

■カトちゃんmixi日記
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1727806475&owner_id=3724976 ←秀逸!

【Jazz会#16】死刑台のエレベータが封切られた50年代をもう一度

0.プロローグ
Herbie Hancock: The Imagine Project(2010, Sony music)

1. 映画「死刑台のエレベーター」 
Ascenseur pour l'echafaud(フランス,92分, 1958)
監督:ルイ・マル
原作:ノエル・カレフ『Ascenseur pour l'echafaud』
脚本:ロジェ・ニミエ/ルイ・マル
出演:ジャンヌ・モロー (フロランス・カララ)、モーリス・ロネ (ジュリアン・タベルニエ)、リノ ・ヴァンチュラ (シャリエール警部)、ジョルジュ・プージュリー (ルイ)、ヨリ・ヴェルタン (ベロニク)
音楽:Miles Davis (tp), Barney Wilen(ts), Rene Urtreger(p), Pierre Michelot(b), Kenny Clarke(ds)

2. LP盤で聴く死刑台のエレベーター
Miles Davis: Ascenseur pour l'echafaud(1957, Philips)
Miles Davis (tp), Barney Wilen(ts), Rene Urtreger(p), Pierre Michelot(b), Kenny Clarke(ds)

3. その頃のマイルスをもう少し
(1)Miles Davis: Cookin' with Miles Davis (1956, Prestige)
Miles Davis (tp), John Coltrane (ts), Red Garland (p), Paul Chambers (b), Philly Joe Jones (ds)
(2)Miles Davis: Milestones (1958, Columbia)
Miles Davis(tp), John Coltrane(ts), Julian Cannonball Adderley (as), Red garland(p),Paul Chambers(b), Philly Joe Jones(ds)

4.50年代のジャズ(マイルスを取り巻く奏者たち)
(1)John Coltrane: Blue Train(1957,Blue Note)
Lee Morgan (tp) Curtis Fuller (tb) John Coltrane (ts) Kenny Drew (p) Paul Chambers (b) Philly Joe Jones (ds)
(2)Julian Cannonball Adderley: Cannonball Adderley Quintet in Chicago(1959, Mercury)
Julian Cannonball Adderley(as), John Coltrane(ts), Wynton Kelly(p), Paul Chambers (b), Jimmy Cobb(ds)
(3)Red Garland: Groovy(1957, Prestige)
Red Garland(p), Paul Chambers(bass), Art Taylor(ds)
(4) Paul Chambers: Bass on Top(1957, Blue Note)
Kenny Burrell (g), Hank Jones (p), Paul Chambers (b), Art Taylor (ds)

5. もう少しいろいろな音を聴きながら今日はお仕舞い
(1)Jimmy Smith: The Sermon!(1958, Blue Note)
Lee Morgan (tp), Curtis Fuller (tb), Lou Donaldson (as), Tina Brooks (ts), Kenny Burrell (g), George Coleman (ts), Art Blakey (ds)
(2)Modern Jazz Quartet: Concord(1955,Prestige)
Milt Jackson (vib), John Lewis (p), Percy Heath (b), Connie Kay (ds)
(3)Wes Montgomery: the Incredible Jazz Guitar(1960, Riverside)
Wes Montgomery (g), Tommy Flanagan (p), Percy Heath (b), Albert Heath (ds)
(4)Tommy Flanagan: Overseas(1957)
Tommy Flanagan(p), Wilber Little(b), Elvin Jones(ds)
(5)Victor Feldman: Arrival of Victor Feldman(1958, Contemporary)
Victor Feldman (vib,p),Scott La Faro (b),Stan Levey (ds)

6. エピローグ:マイルスの時代は儚くも帳の向こうに消えていき,
Rene Urtreger: Onirica(2001,Sketch)
Piano solo