読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かっきーの雑記(仮)

あちらこちらで興味が湧いたものをとりあえず書き留めておく用。

【映画】ブラック・スワン(2011/05/15@ユナイテッド・シネマ金沢)

ニューヨークのバレエ・カンパニーに所属するニナ(ナタリー・ポートマン)は、元ダンサーの母親の寵愛のもと、人生のすべてをバレエに捧げていた。そんな彼女に新作「白鳥の湖」のプリマを演じるチャンスが訪れる。しかし純真な白鳥の女王だけでなく、邪悪で官能的な黒鳥も演じねばならないこの難役は、優等生タイプのニナにとってハードルの高すぎる挑戦だった。さらに黒鳥役が似合う奔放な新人ダンサー、リリー(ミラ・クニス)の出現も、ニナを精神的に追いつめていく、やがて役作りに没頭するあまり極度の混乱に陥ったニナは、現実と悪夢の狭間をさまよい、自らの心の闇に囚われていくのだった……。

映画「ブラック・スワン」公式サイトより
http://movies2.foxjapan.com/blackswan/

白鳥の湖」ということで興味を持った作品でしたけど、どうも最初に連想したような優雅なものじゃなさそう…? 果たして、心理サスペンスホラーとでもいうべき凄絶な作品でした…。思わずヒッ!と目を背けたくなる痛々しいシーンなどもあり、そういうグロいのが苦手なぼくとしては、本来遠慮したいはずの作品です。けれども、単なる残酷映像というだけでなく、主人公が苦悩を重ねていくさま、思い詰めた主人公が幻覚に囚われていくさまが怒涛の迫力で描かれていました。それだからこそ、主人公の痛みを自らのものとして感じるがごとく、作品世界に引きこまれていったのでした。

また、そのように引きこまれていく大きな要因は、もちろん主人公を演じたナタリー・ポートマンの鬼気迫る演技であったでしょう。くわえて、本物のバレリーナと見紛うほどの徹底的な役作り…! その圧倒的な存在感は、終盤の主人公の狂気溢れる黒鳥の舞のシーンで最高潮を迎えます。そして衝撃のラストシーン。。

痛々しくて目を逸らしたいけど、しかし最後まで目を離せないという、なんとも悩ましくも見ごたえのある作品でした。

★★★★★




なお、ユナイテッド・シネマ金沢で映画を観るときは…
食事はゴーゴーカレールネスかなざわ店で。いつもとおなじくロースカツカレーエコノミー(^^) 
IMG_2016