読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かっきーの雑記(仮)

あちらこちらで興味が湧いたものをとりあえず書き留めておく用。

【Jazz会#15】白人ピアノジャズの系譜をたどって(2011/4/25@JZさん邸)

4月のJAZZ会はピアノ特集。JZ主宰、プロデューサーK、iiizmiiiさん、Camillaさんといういつもの仲間に加えて、今回はカトちゃんの元同僚でジャズ好きのK氏が特別参加されました。今回も美味しい料理を持ち寄って音楽とおしゃべりを堪能。

P4254769


P4254768
P4254770P4254777
P4254778


プレイリストは以下のとおり。

■JZさんブログ
http://blog.goo.ne.jp/ken_jazz/e/437279c45b82a5685b43a57f4a039adb

■カトちゃんmixi日記
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1714390712&owner_id=3724976

【Jazz会#15】白人ピアノジャズの系譜をたどって

0.プロローグ
Brad Mehldau: Live In Marciac (2006, Nonesuch)

1. ビル・エヴァンス以前の白人ピアニスト
(1) [LP] George Shearing: September in the rain (1950, Verve)
George Shearing (p), Chuke Wayne (g), Jhon Levey (b), Denzil Best(ds ), Marjory Hyams(Vib)
(2) [LP] Dave Brubeck: Jazz at Oberlin (1953, Fantasy)
Dave Brubeck (p), Paul Desmond (as), Ron Crotty (b), Lloyd Davis (ds)
(3)[LP] Eddie Costa: The House of blue lights(1959, Dot)
Eddie Costa(p) Wendell Marshall (b) Paul Motian(ds)

2. ビル・エヴァンスを少しだけ
(1)[LP] Bill Evans: Intermodulation (1966, Verve)
Bill Evans(p), Jim Hall(g)
(2)Bill Evans:Alone (Again) (1975,Fantasy)
piano solo

3. ビル・エヴァンスの背中を見ていた奏者たち
(1)[LP] Don Friedman: Circle Waltz (1962, Riverside)
Don Friedman (p), Chuck Israels (b), Pete La Roca (ds)
(2)Denny Zeitlin: Cathexis (1964,Columbia)
Denny Zeitlin(p), Cecil McBee(b),Frederick Waits(ds)
(3)[LP]Paul Bley/NHOP: ( 1973, Steeple Chase)
Paul Bley (p), Niels-Henning Orsted Pedersen(b)
(4)[LP]Chick Corea: ARC(1970, ECM)
Chick Corea (p), Dave Holland (b), Barry Altschul(ds)
(5) Steve Kuhn: Ecstasy (1974, ECM)
piano solo

4. キース・ジャレット---脇役として
(1)Gary Peacock: Tales of Another (1977, ECM)
Gary Peacock(p),Keith Jarrett(p), Jack DeJohnette (ds)
(2)Kenny Wheeler: Gnu High (1975, ECM)
Kenny Wheeler(p), Keith Jarrette(p), Dave Holland(b), Jack DeJohnette(ds)

5. そしてボクたちと同時代以降の白人奏者たち
(1)Michel Petrucciani: Flamingo (1996, Dreyfus)
Michel Petrucciani(p), Stephane Grappelli(vln), George Mraz(b), Roy Haynes(ds)
(2) Stefano Bollani Les Fleurs Bleues (2001,Label Bleu)
Stefano Bollani(p), Scott Colley(b), Clarence Penn(ds)

6. エピローグ----- Fred Herschを
(1) Fred Hersch: Alone At The Vanguard (2011, Palmetto)
piano solo
(2)Fred Hersch: Thelonious (1998, Nonesuch)
piano solo
(3)Herschが弾くクラシック曲を聴いてください。クラシックの演奏とのペアで
(a)Scriabinの24の前奏曲から、Vedernikov(原曲)とHersch(ジャズにアレンジ)を
(b)Ravelクープランの墓から、Vedernikov(原曲)とHersch(ジャズにアレンジ)を、おまけで小曽根真Gary Burton版も

P4254779



終盤には仕事で遅れていたAJさんも合流、会の終わりにはサプライズがっ!(゚∀゚)

P4264786
日が変わってちょうどこの日誕生日を迎えたCamillaさんのバースデーケーキ!
同じ月生まれのぼくも「ついでに」(笑)祝ってもらいました。

P4264792
まあ、こうなるわけですが(笑)
ありがとうございました!