読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かっきーの雑記(仮)

あちらこちらで興味が湧いたものをとりあえず書き留めておく用。

JAZZ会#12 中山康樹の「最後のジャズ入門」を聴け!(2011/1/11)

今年最初のJAZZ会は、題して「最後のジャズ入門」! 「スイングジャーナル」元編集長・中山康樹さんの著書「挫折し続ける初心者のための 最後のジャズ入門」という本がありまして(「以下「中山本」)、この本を読んだ当会幹事のプロデューサーK君が、当会主宰JZさんの音楽世界と近いと感じたことがきっかけです。「中山本」の選曲をベースとしつつ、JZさんならではの視点からの選曲を交えてのプログラムです。

4344980220挫折し続ける初心者のための最後のジャズ入門 (幻冬舎新書)
中山 康樹
幻冬舎 2007-01

by G-Tools


誰かに指南してもらいながらジャズをちゃんと聴きたいなあと常々思っていたK君が、ジャズへの造詣が深く、なによりも人格者であるJZさんと知り合ったのがほぼ1年前。以降、JZさん宅で食事とお酒を楽しみながらJZさんが選んだジャズレコードを聞かせてもらう月1回の「JAZZ会」がはじまりました。その後変遷を経て固定メンバーは6名に増えましたが、最初からずっと参加しているのはK君だけ。今回はK君にとって1年間の「入門」を総括する意味での「最後のジャズ入門」というわけです。

今回の参加メンバーはK幹事、JZ主宰、いずみさん、Camillaさん、ぼく。AJさんは残念ながら欠席。この会は、JZ主宰がこしらえ、あるいはメンバーが持ち込む料理がとっても美味しいので、毎回飲み食いに気をとられがちなのですが、今回の「最後のジャズ入門」というテーマは、ぼくにとってもしっかりジャズを聴く挽回のチャンスです。といいつつも、食事やお酒は今回も充実(笑)。JZさんお手製のやさしい風呂吹き大根や切り干し大根、いずみさんお手製の牡蠣の味噌グラタン、K君提供の鴨スモークやトリュフオムレツ、Camillaさん提供のシャブリなど。ぼくはいつものようにコロッケと押し寿司でしたが、お酒に関してはビールではなく白ワインを持参。今日は白ワインが4本集まり、さながら「白ワイン祭り」でありました。

IMG_1470

IMG_1469


さて、プログラム詳細はJZさんのブログより。
http://blog.goo.ne.jp/ken_jazz/e/da4219774e4d01e62639048b562e6c91

★:中山本推奨
☆:Kちゃん聴きたい指定盤

A.マイルス・デイヴィスを聴け!
(1) Miles Davis: In a Silent Way (1969, Columbia)★☆
Miles Davis (tp) Wayne Shorter (ss) Joe Zawinul (org) Chick Corea, Herbie Hancock (el-p) John McLaughlin (el-g) Dave Holland (b) Tony Williams (d) Columbia Studio B, NYC, February 18, 1969
(2)Miles Davis: Live Around The World (1988)よりIn A Silent Way/Intruder
Miles Davis (tp) Kenny Garrett (as) Adam Holzman, Joey DeFrancesco (key) Joe "Foley" McCreary (lead b) Benny Rietveld (el-b) Ricky Wellman (d) Marilyn Mazur (per) "Expo. Park", Osaka, Japan, August 7, 1988
(3)Miles Davis: Live Around The World (1991)よりTime after time
Miles Davis (tp) Kenny Garrett (as) Adam Holzman, Kei Akagi (key) Munyungo Jackson (per) Joe "Foley" McCreary (lead b) Benny Rietveld (el-b) Ricky Wellman (d)
(4)Edith Piafs: Autumn Leaves
(5)Cannonball Adderley:Somethin' Else(1957)より Autumn Leaves
Miles Davis(tp), Julian Cannonball Adderley(as), Hank Jones(p), Sam Jones(bass), Art Blakey (ds)
(6)Miles Davis:Complete Live At Plugged Nickel 1965 [Disc 6]より Autumn Leaves
Miles Davis(tp), Herbie Hancock(p), Wanye Shorter(ts), Ron Carter(b), Tony Williams(ds)
(7)Miles Davis: In Person Friday Night At The Blackhawk, Complete [Disc 4](1961)よりSomeday My Prince Will Come
Miles Davis (tp); Hank Mobley (ts); Wynton Kelly (p); Paul Chambers (b); Jimmy Cobb (ds).
Recorded live at the Blackhawk, San Francisco, California on April 21 & 22, 1961.

B.ビル・エヴァンスを聴け!
(8)Bill Evans: What's New'(1969)★ より Straight No Chaser, What's New, Autumn Leaves, So What
Bill Evans(p), Jeremy Steig (fl), Eddie Gomez (b), Eddie Gomez(B), Marty Morrell(ds)
(9)Bill Evans, Stan Getz: But Beautiful(1974)
Bill Evans (piano); Stan Getz (tenor saxophone); Eddie Milestone, Gomez (bass); Marty Morell (drums). Recorded live at The Singer Concertzaal, Laren, Holland on August 9, 1974 and Middelheim, Antwerp, Belgium on August 16, 1974.
(10)Bill Evans : Affinity(1979)
Bill Evans (acoustic & electric keyboards); Larry Schneider (soprano & tenor saxophones, alto flute); Toots Thielemans (harmonica); Marc Johnson (acoustic bass); Eliot Zigmund (drums)
(11)Bill Evans : Bill Evans Album(1971)
Bill Evans (piano) Eddie Gomez (bass) Marty Morrell (drums)

C.番外:マイルスとビル・エヴァンスを聴け!
(12)Mies Davis: At Plaza(1958)よりMy Funny Valentine
Miles Davis (tp), Bill Evans (p) Paul Chambers (b) Jimmy Cobb (d) Edwardian Room, "The Plaza Hotel", NYC, September 9, 1958

D.ブルーノートを聴け!
(13)Art Blakey: Night in Tunisia(1960)★
Art Blakey(ds), Bobby Timmons(p), Jymie Merritt(b), Lee Morgan(tp), Wayne Shorter(ts)
(14)Art Blakey: A Night at Birdland vol 1(1954)
Clifford Brown(tp), Lou Donaldson(as), Horace Silver(p),Curly Russel(b), Art Blakey(ds)
(15) Pete RaLoca:Basra(1965)
Steve Kuhn(p), Steve Swallow(b), Joe Henderson(ts) , Pete LaRoca(ds)
(16) Wayne Shorter:Adams Apple
Wayne Shorter(ts), Herbie Hancock(p), Regie Workman(b), Joe Chambers(ds)

E. ECMを聴け!
(17)Keith Jarrett:the survivors suit (1976)★☆ ※当時の邦題『残氓』
(soprano saxophone, bass recorder, piano, keyboards, drums); Dewey Redman (tenor saxophone, percussion); Paul Motian (bass); Charlie Haden (drums).
Recorded at Tonstudio Bauer, Ludwigsburg, Germany in April 1976
(18)Kenny Wheeler: Gnu High(1975)
Kenny Wheeler(tp), Dave Holland(b), Keith Jarrett(p), Jack DeJohnette(ds)

F.現代のJAZZを聴け!
(19)Joni Mitchell: Mingus(1979)★
Jaco Pastorious(b)やWayne Shorter(ts)
(20)Joni Mitchell: Court And Spark (1974)
(21)Joni Mitchell:Shadows and Light (1980)
Joni Mitchell(vo,g), Micheal Brecker(ts),Pat Metheny(g), Jaco Pastorius(b), Lyle Mays(p), Don Alias(ds)
(22) Sting: Bring on the night (1986)
Omar Hakim(ds), Darryl Jones(b), Kenny Kirkland(key), Branford Marsalis(ts)
(23)Bj���rk: Debut (1993)よりCome To Me
(24)Bj���rk: Gling Gl���(1990)★


今日は飲み食いも楽しみましたが、いままでのなかでいちばん音楽に入り込めました。やはりこうして整理して聴かせてもらうと、すっと耳に入るのでしょうか。エラそうにジャズの好みも少し感じ始めてきて、JZさんの影響なのかもしれませんが、どうやらECM系が耳になじむようです。

スティングのライブをひさびさに聴けたのもよかった!そういえばジャズミュージシャンが活躍してたっけ。


まったく知らなかったジャズの世界。扉を開けて導いてくれたJZ主宰、その場に連れて行ってくれたK君、音楽を共有できる仲間たちに感謝です。今年もよろしくお願いいたします。