読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かっきーの雑記(仮)

あちらこちらで興味が湧いたものをとりあえず書き留めておく用。

工藤和彦 花のうつわ展/tico moon コンサート@花のアトリエこすもす(2010/10/11)

Jazz会メンバーで音楽仲間で飲み仲間のizmiさんが、ご自身のお店「花のアトリエ こすもす」でまたまた素敵な企画を開催されていました。おっとりとした外見とは裏腹な凛とした行動力、意欲的な表現活動にはいつも頭が下がります。今回も楽しみにして「こすもす」さんに出かけました。

企画のひとつは「工藤和彦 花のうつわ展」。
http://izumi.no-blog.jp/cosmos/2010/09/post_ea49.html

工藤和彦さんは北海道在住の陶芸作家。何千万年も前に中国から飛来した黄砂の粘土を掘り起こして器を作っています。数年前に彼の作品を見て魅了されたizmiさんが彼とのコラボ活動を企画。工藤さん自身としては初めてとなる花器を制作し、izmiさんがその器に花を活けます。工藤さんの普段使いの食器とともに、「こすもす」さんの3階ギャラリーで展示されました。

訪問当日は工藤さんご本人も来場。工藤さんは明るくさわやかな瑛太似の好青年でした。拝見した器は土の風合いが力強く素朴な味わい。ただし手に取ってみるとじつは軽くて実用的です。この器に食事を盛ると美味しそうですね。眺めているだけでお腹が空いてきます(笑)。izmiさんの花も、誠実な花器におさまっていい感じ…!

PA113294
PA113293PA113288
PA113296PA113299
PA113300PA113298
PA113301PA113311
PA113320PA113303


もうひとつは「tico moon コンサート」。
http://izumi.no-blog.jp/cosmos/2010/09/tico_moon_9b82.html

tico moonは、アイリッシュハープの吉野友加さんとアコースティックギターの影山敏彦さんによるデュオユニット。こんな素敵な音楽をどこから見つけてきたのでしょうかね? izmiさんの「ステキなもの感度」のよさは音楽にも発揮されるのです。

PA113332

深海に降る雪
little bird's tale 
森の中の夢
森のワルツ 
Children' s song
初恋
hot milk

crossing the snow
into the moon
Dear Rhino.
heaven's table
Raspberry
エレミの恋

en1. 鐘の庭
en2. head fish walk

http://ticomoon.exblog.jp/12077583/

PA113336
PA113345