読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かっきーの雑記(仮)

あちらこちらで興味が湧いたものをとりあえず書き留めておく用。

OEK室内楽シリーズ「もっとカンタービレ♪」第18回 南米音楽 クラシックの彩りとタンゴの鼓動(2010/02/19)

OEK室内楽シリーズ「もっとカンタービレ♪」第18回は南米音楽特集。OEK第1ヴァイオリン原田智子さんが最初の挨拶から数多く出演します。情熱的なイメージのある南米音楽というのは、理知的なイメージのある原田さんからは少々想像つきにくい気もしますが、意外とご自身の発案だったかもしれませんね。ゲストとしてバンドネオンの啼鵬さん、ギターの高田元太郎さん、フルートの木ノ脇道元さんら、それぞれ第一線で活躍する音楽家が招かれました。ステージの両脇には工藤文雄さんという熱狂的ピアソラファンの花職人の手によるフラワーアレンジメントが飾られており、予想以上に豪華な演奏会となりました。

まず原田さんのヴァイオリンと高田さんのギターの二重奏によるホワイト「キューバの女」。次いでバンドネオンの啼鵬さんが加わり、フィリベルト「カミニート」、ビジョルド「エル・チョクロ」が演奏されました。私はタンゴ音楽には疎いのですが、いずれもタンゴの名曲だとのこと。会場は一気にラテンムードに包まれました。高田さんのギターがカッコよく、私もすっかりタンゴの音色に魅了されました。

続いてはヴィラ=ロボスの木管五重奏曲。この曲だけは他の曲と毛色が異なるクラシック系ですが、南米の作曲家といえば、やはりヴィラ=ロボスが第一に頭に浮かびます。聴いてみると現代的・前衛的でひじょうに難度の高い曲。ですが、OEKフルート奏者の都合が合わず急遽招かれたというフルートの木ノ脇さんは、プログラムによると現代フルート曲では日本で右に出るものがいないのこと。力強く確かな演奏を披露していただきました。

後半はピアソラ特集。バンドネオンの啼鵬さんがMCも兼ねてフル出演、大車輪の活躍でした。再び原田さん、高田さんとの三重奏で「エスクァロ」、さらにカンタさんが加わり「タンゴの歴史」。啼鵬さんと木ノ脇さんのMCによると「タンゴの歴史」という曲はもともとフルートとギターの二重奏曲とのこと。オリジナルヴァージョンもぜひ聴いてみたいものです。

最後はピアソラ晩年の作品「ファイヴ・タンゴ・センセーションズ」。バンドネオンと弦4部による五重奏曲です。演奏されたのは「眠り」「不安」「恐怖」というやや暗鬱な3曲。照明も凝っており、重厚で哀愁漂う雰囲気を堪能。

アンコール曲は引き続き啼鵬さんと弦楽4人による「ラ・クンパルシータ」。実は曲名を言われてもピンと来なかったのですが、タンゴといえばコレ!というあの曲でした。赤と黒の照明ともあいまって、タンゴの世界を満喫させていただきました。

いやあ、タンゴもなかなかいいですね!! ピアソラのCDはたしか3枚ほど持ってるはずですが、聴き込んでいるとはいいがたいので、これを機会に聴き直してみようと思います。

オーケストラ・アンサンブル金沢室内楽シリーズ「もっとカンタービレ♪」
第18回 南米音楽 クラシックの彩りとタンゴの鼓動
Orchestra Ensemble Kanazawa Chamber Music Series "Motto Cantabile"

日時:2010年2月19日(金)19:00開演 Friday, 19 February 2010 at 19:00
会場:石川県立音楽堂交流ホール Ishikawa Ongakudo Interchange Hall

■ホワイト:キューバの女
 ~ヴァイオリン:原田智子
  ギター:高田元太郎

■フィリベルト:カミニート
ビジョルド:エル・チョクロ
 ~ヴァイオリン:原田智子
  ギター:高田元太郎
  バンドネオン:啼鵬

■ヴィラ=ロボス:木管五重奏曲
 ~フルート:木ノ脇道元
  オーボエ加納律子
  クラリネット:遠藤文江
  ファゴット:柳浦慎史
  ホルン:金星眞

--- 休憩 Intermission ---

アストル・ピアソラ Astor Piazzolla (1921-1992)
○エスクァロ Escualo
 ~ヴァイオリン:原田智子
  ギター:高田元太郎
  バンドネオン:啼鵬

○「タンゴの歴史」より「カフェ1930」「ナイトクラブ1960」「現代のコンサート」
 "Historia del Tango" - 'Cafe 1930' 'Night Club 1960' 'Concert d'aujourd'hui'
 ~ヴァイオリン:原田智子
  ギター:高田元太郎
  バンドネオン:啼鵬
  チェロ:ルドヴィート・カンタ

○「ファイヴ・タンゴ・センセーションズ」より「眠り」「不安」「恐怖」
 "Five Tango Sensations" - 'Asleep' 'Anxiety' 'Fear'
 ~バンドネオン:啼鵬
  第1ヴァイオリン:坂本久仁雄
  第2ヴァイオリン:原三千代
  ヴィオラ:古宮山由里
  チェロ:ルドヴィート・カンタ

(アンコール Encore)
■ヘラルド・マトス・ロドリゲス Gerardo Matos Rodriguez (1897-1948)
 ラ・クンパルシータ La Cumparsita