読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かっきーの雑記(仮)

あちらこちらで興味が湧いたものをとりあえず書き留めておく用。

「お詫び!」ナインティナインのオールナイトニッポン(2009/10/29)

番組冒頭いきなり岡村さんからお詫びの言葉が。先々週の放送で「ルービックキューブ6面揃える宣言」をしたのですが、「ルービックキューブ、6面そろえるのをやめました」と。実は岡村さんは、虎の巻を見ながらですけど、いちど6面全部揃えることはできたのです。じゃあ今度は虎の巻を見ずにやってみよう!と、この2週間暇をみてはこつこつ練習していたのです。ところが、いいところまではいくのですが、どうしても6面揃えることができないのです。そもそも、虎の巻を見ても6面揃えるための原理が分かりません。次第にイライラし、最終的には「6面揃ったからって何なん?」と元も子もない一言。

しかし、矢部さんは、せっかくいいところまでいってるんだからもったいない。と岡村さんに再挑戦を促します。そこで、この番組の放送時間内(CMや曲の間)にラストチャレンジをおこなうことになりました。できなかったら完全にやめると。さてどうなるでしょうか。

***

先週の金曜日の夜のこと。岡村さんはロンブーの亮さんとFUJIWARAの原西さんと一緒に、東京湾でシーバス釣りを楽しんでいました。すると、ベタ凪だったはずの海面が突如として盛り上がり、大波が釣り船を直撃! そして2度目の波の襲来で船が大きく傾き、その反動で岡村さんひとりが夜の東京湾に放り出されてしまったのです! 突然目の前が真っ暗になり、一瞬何が起こったのかわからなくなってしまった岡村さん。おもわず素で「助けてー!」と叫ぶこと2回。海中に沈みそうになりながらも、大事な釣り竿を持つ手だけは無意識に高く掲げていたとのこと。なんとか救助された岡村さんでしたが、軽症を負った同乗の亮さんと原西さんとともに、そんな岡村さんの必死な姿を思い出し、三人で爆笑したそうです。まあ、大事に至らずよかったですね。

***

インパクトのコーナーでは、今週も岡村さんのヘタクソ運転の話題が。高速道路に合流する際、岡村さんは「イチかバチか」か「勇気」でいくのだと。これは危ない! 同乗の大谷マネージャーは毎回ちびりそうです。岡村さんはこの「イチかバチか」作戦で今までうまくいっていると言いますが、矢部さんは、それはダメだと結構マジで心配しています。先週対決をしたニッポン放送の地下駐車場にしても、タイヤを収める溝の部分で、岡村さんはしょっちゅう「ジュジュジュジュジュっ!」という音を立てながらバックするのだそう。タイヤが激しく擦れてるんですね。バックしやすいように正面に鏡が設置されているのですが、それさえも気づいたのは最近のことなのだそうです。

リスナーから「運転に自信がないのになぜ左ハンドル?」というメールが届きました。一般的には右ハンドルの方が対向車との間隔や右折時の距離感が測りやすいという趣旨だと思うのですが、岡村さんはこれに過剰に反応。「左ハンドルの方が左に寄せやすいじゃないか!」「だって幅が分からないのだもの!」 岡村さんにとっては、駐車時の緊張をいかに回避するかがすべてなようです。右側はあくまで「イチかバチか」。いやあこれは危ないです。なんとかしてほしいものです。

***

そうこうしているうちにエンディング。結局ルービックキューブ最後の挑戦も6面揃えるには至らず、タイムアップとなりました。岡村さんはもうルービックキューブには触らない!とスネたように決別宣言。無用の長物となったルービックキューブはリスナーへプレゼントされることになりました。まあ、よくわからないけど、このほうが良かったような気がします(?)。