読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かっきーの雑記(仮)

あちらこちらで興味が湧いたものをとりあえず書き留めておく用。

【OEK定期269M】デビュー50周年記念!中村紘子のベートーヴェン

この日のOEK定期公演は「中村紘子デビュー50周年記念演奏会」と銘打たれています。いずれもベートーヴェンで前半はピアノ・ソナタ2曲、後半はピアノ協奏曲というプログラム。OEKは後半しか出演しません。なのでOEKの公演というより、ほとんど中村紘子さんのリサイタル(OEKがゲスト)みたいな構成になっています。さすが大御所。

前半はベートーヴェンのピアノ・ソナタ「月光」と「熱情」。いやあ素晴らしかった! 中村さんのピアノは情感に富んで実にドラマチックです。緊張と解放。聴かせどころはしっかりツボを得ていました。

後半はOEKが加わり、ベートヴェンピアノ協奏曲第5番「皇帝」を。「皇帝」というと、アリス=紗良・オットさんをソリストに迎えた今年のニューイヤーコンサート以来です。そのときのオットさんの演奏は、気負いすぎたせいかいまひとつ期待はずれだったのですが、今回の中村さんはまったく違いました。これが50年の余裕というものか、スターの風格漂う堂々たる演奏です。緩急を自在に操り、ここぞ!というときの情熱的な打鍵は心にジン!と響きました。

アンコールは流麗なショパン。再度のカーテンコールに続き3曲も演奏してくれました。さすが大物は出し惜しみしませんね(笑)。それにしても、デビュー50周年ということはそれ相応のお歳に達しているわけですが、年齢を感じさせないエネルギーを随所に感じました。まったくもって感服であります!

オーケストラ・アンサンブル金沢 Orchestra Ensemble Kanazawa
第269回定期公演マイスター・シリーズ
The 269th Subscription Concert / Meister-serie

日時:2009年10月22日(木)19:00開演 Thursday, 22 October 2009 at 19:00
会場:石川県立音楽堂コンサートホール Ishikawa Ongakudo Concert Hall
指揮:藤岡幸夫 Conductor: Sachio Fujioka
ピアノ:中村紘子 Piano: Hiroko Nakamura
コンサートマスター:サイモン・ブレンディス Concertmaster: Simon Blendis


ベートーヴェン L. v. Beethoven (1770-1827)
 ピアノ・ソナタ 第14番 嬰ハ短調 作品27-2 「月光」
 Piano Sonata No. 14 C-sharp minor, Op. 27-2 'Moonlight'


ベートーヴェン L. v. Beethoven (1770-1827)
 ピアノ・ソナタ 第23番 ヘ短調 作品57 「熱情」
 Piano Sonata No. 23 F-minor, Op. 57 'Appassopnata'


--- 休憩 Intermission ---


ベートーヴェン L. v. Beethoven (1770-1827)
 ピアノ協奏曲 第5番 変ホ長調 作品73 「皇帝」
 Piano Concerto No. 5 in E-flat major, Op. 73 'Emperor'


(アンコール Encore)
フレデリック・ショパン F. Chopin (1809-1849)
 ノクターン第20番 嬰ハ短調(遺作)
 Nocturne No. 20 in C-sharp minor, Op. post.

フレデリック・ショパン F. Chopin (1809-1849)
 ワルツ 第6番 変ニ長調 作品64-1 「小犬のワルツ」
 Waltz No. 6 in D-flat major, Op. 64-1 'Valse du Petit Chien'

フレデリック・ショパン F. Chopin (1809-1849)
 幻想即興曲 嬰ハ短調 作品66
 Fantaisie-Impromptu in C-sharp minor, Op. 66