読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かっきーの雑記(仮)

あちらこちらで興味が湧いたものをとりあえず書き留めておく用。

急展開!「華麗なる一族」

ドラマ
あと2話を残すのみとなった今になって、「華麗なる一族」が急速に面白くなってまいりました。

キムタクの演技に対する違和感が薄れて(慣れて)きたということもあるでしょうが、なにより物語の展開自体への興味がぐんぐん膨らんできました。衝撃的な結末を迎える原作通りに進むものとばかり思っていましたが、ここにきて原作を突如として離れ、父子対決の裁判に突入するという予想外の方向に走り出し、展開が読めなくなったからでしょうね。

華麗なる一族〈上〉華麗なる一族〈上〉
山崎 豊子

華麗なる一族〈下〉 華麗なる一族〈中〉 不毛地帯 (1) 不毛地帯 (4) 不毛地帯 (2)

by G-Tools

次回予告によれば、相子の存在が世間に知られるみたいだし、ふさこもまた大きな鍵を握るようだし、裁判の証人として銭高や銀平が関わってきそうです。銀平も原作のような傍観者ではなく、かなり心情をあらわにして物語に深く関わってきています。

でも、初回冒頭の雪山のシーンとか、大川の血液型云々の話とかは、やはり原作通りの結末への伏線だとしか思えないし…。いやはや、いろいろ考えを巡らせてしまいます。ということは、じゅうぶんこのドラマにハマっているという証拠ですな。大成功ということです。

余談ですが、日曜夜の父子対決といえば「風林火山」の武田家とまったく同じ構図ですね。ちょうど当夜の話では、信濃侵攻の野望を進める一方で、嫡男晴信の能力に嫉妬し畏怖する信虎は、次男信繁を後継ぎとし、晴信を今川家に厄介払いする意思を明らかにしました。母大井夫人が心を痛める中、晴信はついに父への謀反を決意するのです。

晴信は次回、弟信繁を味方につけることに成功しますが、さて、鉄平は銀平を頼ることができるでしょうか。ますます興味は深まります。