読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かっきーの雑記(仮)

あちらこちらで興味が湧いたものをとりあえず書き留めておく用。

風林火山 #01

ドラマ
今年の大河ドラマは「風林火山」。武田信玄の軍師・山本勘助内野聖陽さんが演じます。

内野勘助はいいですね! 冒頭の語りからして素敵です。野心ギラギラでありながらどこか知性を漂わせ、一方で単なる英傑ではなくヒール的な屈折した面も伺われ、とても人間味を感じます。

大河ドラマには、信長秀吉家康らを描く戦国絵巻や、「功名が辻」「利家とまつ」のような夫婦もの、「新選組!」や忠臣蔵のような群集劇などいくつかのパターンがありますが、今回の大河は、山本勘助という主役個人の魅力こそが命のドラマです。前々年の「義経」も主役個人主導型といえましょうが、あれは主役も脚本もダメダメでどうにもなりませんでした。で、今年の「風林火山」ですが、初回を見る限り、少なくとも主役の内野さんについてはおおいに期待が持てるといっていいと思います。ただ、脚本の評価は難しいです。たしかにかなり練られており、それでいて骨太な印象があって個人的にはすごく好きなのですが、一般的には話の筋がわかりにくかったのではないかと懸念します。第一話のツカミとしては、成功したとは言い難いかもしれません。

骨太で心を震わせる大河としては「独眼竜政宗」が思い出されます。「風林火山」も視聴率的にあれくらい化けてくれないものですかね~。政宗も勘助も、信長秀吉家康ほどメジャーでもなく、隻眼の野心家という面で共通しています。演者についても、内野さんは現時点では(好きな人には熱狂的に愛されているとはいえ)誰もが知っているスターとはいえないと思いますが、「政宗」の渡辺謙さんだって、当時は無名でした。渡辺謙さんが圧倒的な存在感を発揮して一躍大スターになったように、内野さんもこのドラマでおおいに飛躍して欲しいと切に期待しています。

NHK大河ドラマ 風林火山〈1〉風の巻NHK大河ドラマ 風林火山〈1〉風の巻
井上 靖 大森 寿美男

風林火山 NHK大河ドラマ「風林火山」 大河ドラマ「風林火山」完全ガイドブック 風林火山 (前編) アメーバ経営―ひとりひとりの社員が主役

by G-Tools